世界一かわいくて興味を抱かせる写真

世界一かわいくて興味を抱かせる写真、偶然の一致

f:id:arandaiya:20170402222551j:plain

 
この二人の赤ちゃんは世界で最も素晴らしいカップルの一つだと考えらるので、次の話は次々と広まっていった。この偶然は、南カロライナの病院で働いている女性カメラマンの キャシー クレイシュルツ が3月19日に、別々の部屋で生まれた赤ちゃんに気づいて、生まれた。
 
なんとこの赤ちゃんたちはそれぞれロメオとジュリエットと名付けられていたのだ
 
 
 
 
フィーロ=デ=モーガンエドウィンエルナンデスはロメオが午前2:06に生まれたことの証人で、その18時間後となりの部屋でクリステイアーナとアラン=シフレットが女の子の赤ちゃんジュリエットちゃんを迎えた。
 
 
 
ロメオとジュリエットの両方の親は赤ちゃんが誕生するずっと前に名前を決めていたので、同じ病院で誕生したからと言ってわざとそういう名前を付けたわけではない。女性写真家はロメオの両親と写真撮影について話しているときに女の子を思い出して、すぐに病院の看護師に女の子の名前を確認しに行った。そのとき初めて二人の赤ちゃんを一緒にして写真を撮ることにしたのだ。
 
シェイクスピアもびっくりのステキエピソードだ。
 

タコの瞳は長方形だって知ってた?

たこ焼きでおなじみのタコだが、タコは長方形の瞳を持っていて、分からないところが多く怖い印象を与える生き物である。
しかし、ほかの生き物のように目を動かすことができなくて、目は固定されたままである。

f:id:arandaiya:20170402215542j:plain

 
タコが長方形の瞳を持つ理由は、捕食者から逃れやすいということなのだ。
ウツボ、サメ、大型の魚など、タコを狙う捕食者はたくさんいる。

 

 
長方形の瞳は日中は細くなる傾向があり、自分の周りのことを正確に近くすることができる。このような目の構造のおかげでタコは捕食者から逃れることができるのだ。
 
同様に、羊・ヤギ。カエルの瞳も長方形である。
 
こちら羊さんの瞳

f:id:arandaiya:20170402220103j:plain

 
こちらはヤギさんの瞳

f:id:arandaiya:20170402220128j:plain

 

こちらはカエルさんの瞳

f:id:arandaiya:20170402220157j:plain

タコは無脊椎動物で脳と視覚が発達していて、その目は人間と同じように正確に焦点を合わせることができ、光の量によって調節可能である。
さらに目に映るものの認識力と触覚は非常に優れているので的確に物事を判断できる。
 
最近の研究で、タコの遺伝子解析により、もともとは地球外生命体のではないかという可能性も浮上しているようだ。今後の研究に注目していところである。
 

犬が自分の命の恩人にお礼を言うために消防署を訪問

数日前にカリフォルニアの消防士が火事で家から出られなくなった犬の命を助けるという勇敢な行為にでた。消防士の アンドリュー クライン が犬に口対口の人工呼吸をしている写真がインターネット利用者に感動を与えた。

f:id:arandaiya:20170402214813j:plain

この犬は約20分煙を吸い込み、火事のひどい影響を受けたにもかかわらず奇跡的に助かったのである。

 

 

犬の飼い主である クリスタル Lamirande は飼い犬を助けようとしたが煙がたちこめていてどうしようもなく、消防士が駆けつけたとき、犬が外に出られないでいると説明した。

アンドリュー クライン は犬を腕に抱え手当をするために安全な場所へ運び、応急手当をして20分後、再び呼吸が戻り歩くことができた。

f:id:arandaiya:20170402214933j:plain

 

 

犬の飼い主である クリスタル Lamirande は 飼い犬ともども消防士の親切な行為に感謝の意を伝えるためにアンドリュー=クラインを探した。 

サンタモニカの消防署に着き、やっと自分たちにとっての英雄である消防士と再会した。

 

f:id:arandaiya:20170402215102j:plain

 

ひどい干ばつのためにコブラがインドの村で水を求める

インドの北部に位置するカイガという村の住人は、一匹の蛇が水を求めて彼らのほうへくねくねと身をよじらせて近寄ってくるのを見てひどく驚いた。コブラは毒があり非常に危険であるが、このコブラはのどの渇きがあまりにもひどかったのか、噛みついてくる様子もなく、何の危険もなかった。

 

youtu.be

コブラに水をやるこのビデオは世界の人々の注目を浴びることになった。

 

野生生物の保護に携わるという人が毒蛇であるコブラを見つけ、それを保護することにした。ボトルに入った水を与え、コブラに給水するとはなかなか衝撃的な場面である。コブラはその後動物保護センターに送られた。

インドはひどい干ばつに襲われており、現地の情報によるとこれから夏が近づくにつれて状況はひどくなるとのこと。動物は水不足に苦しんでいるようで、このコブラも例外ではなかったようだ。